調査診断とは

調査診断業務について

調査診断実施の重要ポイントは、診断の目的を把握することにあります。診断自体は目的に成り得ませんので、相談者の方も、何のために診断するのかを十分検討し、明確にする必要があります。調査診断業務の詳細フローは以下のとおりです。

調査診断業務の流れ
調査診断業務
診断の定義

診断とは、一定の目的のために、建築物(躯体、仕上げ、設備)の全部又は一部の状態を、定性的、定量的に調査、測定することにより、その程度を評価、判断して将来の影響を予測するとともに、必要な対策を立案することとしています。

各種業務の説明はこちら
予  見
予測される建物の修繕項目と修繕周期としては、
No修繕項目修繕周期
屋根防水改修修繕周期8~15年
外壁改修修繕周期8~15年
外壁シール改修修繕周期8~15年
鉄部塗装修繕周期4~6年
設  備修繕周期12年~18年などが挙げられます。
また建物によっては、
No修繕項目
建物機能向上(グレードアップ)
バリアフリー対応
省 エ ネ
耐 用 年 数

建物の耐用年数は諸説あるとは思いますが、減価償却資産の耐用年数によると47年(改正前は60年)としています。しかしながら、設備の種類や建物部位によっては、耐用年数や修繕周期が異なりますので、どう修繕していくは、まずは現況がどうなのかを把握し、修繕計画を立ていくことが必要で、それを明確にすることが「診断調査業務」です。

各種お問い合わせ
044-741-1512(代表)
044-741-1513
お問い合わせ時間 9:30~18:00(平日のみ)

Page Top