耐震診断とは

耐震診断の必要性

近い将来に予測される東海地震などの恐れから、既存建物の耐震についての関心が年々高まっていますが、既存建物の地震時、災害時における倒壊を予防する耐震補強を行うためには、まずは耐震診断を行って、補強しなければならない弱点を把握する必要があります。よって耐震補強工事は、耐震診断結果を以て耐震補強設計を行わなければ実施することはできません。耐震診断から補強設計、補強工事までのフローは以下の通りです。

耐震診断の流れ
  • 相談お電話・メールによるご相談
  • 構造図書等資料の収集事前調査を実施いたします。
  • 耐震診断現地構造調査・計算の実施
  • 耐震診断結果報告補強提案を含む
  • 補強設計
  • 見積もり施工業者による見積もり
  • 施工者決定競争見積もりの結果による決定
  • 補強工事

耐震診断の内容

耐震診断診断では、荷重計算や耐震診断計算を行うほかに、現地にてひび割れ・レベル目視調査、コンクリートコア抜きした供試体にてコンクリートの圧縮強度、中性化試験等を実施し、結果を以て、評価されます。また、構造図などが紛失している場合は、別途、図面再生が必要になります。

左:『コンクリートコア採取状況写真』

耐震診断支援制度

昭和56年以前の建物については、行政によっては耐震診断費用助成など各種支援制度がありますので、対象建物であった場合はご利用されることをおすすめします。(申請が必要です。)

■神奈川県の耐震診断・改修に対する支援制度一覧(2003.12.1現在)

詳細はこちらをクリックしてください。(紹介サイトが立ち上がります。)

各種お問い合わせは
044-741-1512(代表)
044-741-1513
お問い合わせ時間 9:30~18:00(平日のみ)

Page Top