補強設計の例

補強設計とは

耐震診断の結果、補強が必要とされた判断された場合は耐震補強工事を行う為に補強設計が必要です。

補強設計の例

代表的な補強工法として以下の増設工法があります。
1 鉄筋コンクリート壁増設
2 鉄骨ブレース増設
3 袖壁増設
外側からの壁補強のほか柱の靭性補強として
1 スリット増設
2 鉄板巻きたて
3 FRP巻きたて
3 RC巻きたて

などがありますが、実際には、施工性から、補強工法を選択し、可能な方法をとることが重要であると思います。

増設による補強

▲RC壁 増設による補強

炭素シート巻き

▲RC柱 炭素シート巻きによる補強

各種お問い合わせは
044-741-1512(代表)
044-741-1513
お問い合わせ時間 9:30~18:00(平日のみ)

Page Top