ノマドのひとりごと

更新日タイトル
2011/05/23「第1回マンション・クリエイティブリフォーム賞」
「誕生日」

マンション改修に特化した専門工事業団体「一般社団法人 マンション計画修繕施工協会」は、このたび、さらなる技術向上を目指して、この賞を設立されました。
マンション計画修繕工事において、創意工夫がなされ、人に、建物に優しく、誠実に行われた工事の施工者、現場担当者、設計監理者、管理組合を表彰し、より良いマンションストックの形成に寄与することを目的としているとのこと。

この第1回に、ノマドが設計監理した「松風園コーポ(東京都目黒区)」が選ばれました。
私としても、とても思い入れの深い工事でしたので、この受賞は、とてもうれしいです。
また、管理組合様が、とても喜んでいただいているのが、もっとうれしいです。
建材メーカー担当者や、職方さんも、同じように喜んでくれています。このように、この賞は、関わっていただいた皆様の力の結晶です。今後も、励みにしてがんばりたいと思います。 ◆応募推薦文(ノマド作成) 築年数の古い建物の改修設計業務は、竣工図が無いなど資料不足であることが多く、修繕履歴があっても工事内容が不明であったり、当時の施工方法も現在と違っていて想定が難しい、劣化も進行しているなど問題が多く、難易度の高い部類に入ると感じています。
ただし、その分、設計者としては、やりがいがあり、どのように再生するかを考える作業は、実は楽しかったりします。
この「松風園コーポ」外壁等改修工事は、正に、この条件に当てはまる建物でした。

 設計のポイント・コンセプトは以下のとおりです。
  • ①安全の確保。
  • ②美観の回復。
  • ③既存の仕上げを生かす。
  • ④環境・省エネを考慮する。

以上を総合して仕様を決定しました。

とは言っても、設計者は机上で考えているところがあり、これらを実現するのは、やはり現場施工者であり、一人一人の作業者の技術にかかっています。
例えば、外壁モルタル剥落防止にピンネット工法、外壁タイル落下防止および防水性能を持たせるためにエバーガード工法を採用するのは、壁面の美しさを回復することも加味していますが、これは左官技術によるもので、既存壁面の不陸を修正しながらの作業は大変だったと思います。
バルコニーおよび共用廊下のコンクリートブロック造手摺壁は、落下危険を避けるため既存を撤去し、アルミ製に更新することにより軽量化が図れ耐震上有効に働くことを期待して設計しましたが、現場での解体廃棄量が多く、危険を伴う作業でしたが、無事故で工事していただきました。
環境・省エネに関しては、断熱サッシ更新、屋上防水断熱工法の採用を行いましたが、特にサッシの工事は居住者の方のやりとりがあり大変だったと思いますが、対応におけるクレームもなく、接客いただきました。


築年数の古い建物の改修は、そこに住む方の強い思い(建物への愛着)があり、その思いを受けて設計し、施工者が実現するという作業の中で、三者の信頼関係があってこそ、成立しているものであると確信しています。これらをすべて満たし成功した工事として、また「マンションクリエイティブリフォーム賞」が目指す方向にある工事として、本工事が選ばれることを期待します。

末筆ながら、このように困難な中、ひとつひとつの高い技術の積み重ねにより、改修工事を完成いただきましたこと、関係者の皆様に、深く感謝申し上げます。


一級建築士事務所 有限会社ノマド 代表取締役 永島

マンション・クリエイティブリフォーム賞
こちらをクリックして下さい。

チラシ:PDFはこちらをクリックして下さい。
一般社団法人 マンション計画修繕施工協会
HP : http://www.mks-as.net/

授賞物件
受賞名物件名(地域)授賞対象者
マンション・クリエイティブリフォーム賞三宿サンハイツ
(東京都・世田谷区)
施工者:渡辺物産(株)
発注者:三宿サンハイツ管理組合
マンション・クリエイティブリフォーム賞松風園コーポ
PDF資料はこちら
(東京都・目黒区)
施工者:建装工業(株)
設計者:(有)ノマド
発注者:松風園コーポ管理組合
審査員特別賞高根ハイツ(賃貸)
(東京都・中野区)
施工者:鉄建建設(株)
設計者:(株)青木茂建築工房
発注者:小泉昌子
第1回マンション・クリエイティブリフォーム賞審査委員会

委 員 長 : 秋山 哲一(東洋大学理工学部建築学科教授)
副委員長 : 穐山 精吾(特定非営利活動法人全国マンション管理組合連合会会長)
委   員 : 篠原 みち子(弁護士)
委   員 : 田邉 邦男(一般社団法人マンションリフォーム技術協会会長)
委   員 : 江田 三男(社団法人高層住宅管理業協会・マンション保全診断センター センター長)

委員長総評

総評はこちらをご覧ください(PDFデータ)

一覧に戻る

Page Top