ノマドのひとりごと

更新日タイトル
2014/03/223.11から3年経って

川崎市で建築設計に携わるものとして、業務として大規模修繕工事、耐震診断や補強にかかわっていますが、それと同時に、「防災」について検討されることを、提案させていただいています。これは、仕事だと思っていません。持っている知識において、お話しています。
建築工事で行える防災や耐震対策もありますが、ソフト面を合わせて整備することが重要です。

本当は、防災のプロがアドバイスすべきなのですが、こういった方は、少ないようで、いらしても、気軽に、話をしてくださいという訳にはいかないので、仕方がなく、理事の方や管理会社の担当者の方といっしょに、試行錯誤で考えたりしてやっています。

3.11から3年が経過して、忘れてはならないことが、少し薄らいでしまったように感じています。あのときに考えたことが、「のど元過ぎれば・・・」になるのは、とても残念なことです。

「自助」「共助」「公助」という中で、マンション管理組合は、共助が期待できるところですので、実施可能なことから、検討されることをおすすめします。 あらためて、3.11で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

一覧に戻る

Page Top