ノマドのひとりごと

更新日タイトル
2009/03/09「避雷針がうるさい」
避雷針の突針

建築基準法では、高さ20mを超える建物は避雷針設置が義務付けられていることをご存じですか?本来、雷が建物を直撃しないよう、保護するためのものなのですが、先だって騒音の原因について調査依頼されたマンションは、この避雷針が、騒音の原因になっていることがわかり、私も初めてのことでびっくりしてしまいました。こんなこともあるんですね。居住者にとっては、大変迷惑な話です。私も、実際にその音を聞きましたが、ちょっと耐えられないと思いました。

騒音の発生は、風が吹いて揺れる→共振して音が伝わるようですが、避雷針のベースを支えるアンカーボルトや支持管の接続ボルトの緩みなどの経年劣化も原因になるようですので、今、音がしないとしても、油断はできません。

インターネットで調べてみると、近年でこのようなクレームが増えているのがわかりました。それはおそらく、エレベーターの技術進歩により機械室がいらなくなったため塔屋(ペントハウス)がなくなり、今までは塔屋に設置していた避雷針が、居住スペースの真上に設置するようなったことが大きいのではないかと推測しています。

今回相談いただいたマンションでは、避雷針ベースの下に防振ゴムを入れるなどして様子を見る予定ですが、どこまで音が軽減されるか?・・・そんな程度の効果しかないかもしれない・・・を考えれば、はじめから思い切って設置場所を変えたい・・・でもお金がかかる・・・難しい・・・ですね。でも、騒音に悩まされている人がいるのですから、早く問題を解決したいです。

一覧に戻る

Page Top