ノマドのひとりごと

更新日タイトル
2009/06/01「見積合わせについて」
油壺マリンパーク

GWに行った油壺マリンパークで見た大きなサメ(文章と全く関係ないです・・・)

設計事務所に設計を依頼するメリットのひとつに、工事金額における「見積合わせ」を実施できることがあります。
実際に、「競争見積を行いたいから設計料を払ってもよい」とお考えになる依頼主が多いのは事実です。(だって、競争見積によって落ちる工事金額は、設計料の比ではないんですもの!)

ちなみに「見積合わせ」と「入札」の違いはご存じですか?
「入札」は金額のみを見ますので、入札価格で落札者を決定するので、すぐ物事が決まりますが、「見積合わせ」は、金額だけを見るのではなく、内容を査定し、面談を行ったりして決定していくため、時間もかかります。
役所仕事では「入札」が圧倒的に多いのですが、民間は「見積合わせ」を採用する場合がほとんどですね。よって、マンション管理組合様の場合は、理事の方も、まとめていくは大変な労力だと思います。そこで、ノマドのような設計だけでなく、コンサルティングができるパートナーが求められていると考えております。

ところで、見積参加業者さんをどのように選択しているか・・・それぞれコンサルさんによって方法があると思いますが、ノマドでは見積参加資格を決めて(たとえば資本金の額、実績など)建通新聞に掲載して公募することが多いですね。(今月は、いくつかの物件がありますので、是非、見てください。)
最近は、不況のせいなのか公募すると、20社以上がきます。その中で書類選考をして5社程度にしぼって見積を実施していただき、その結果を以て2~3社程度の方と面談(ヒヤリング)を行い、最終決定をしています。これだけで2~3ヶ月はかかりますので、本当に大変さがわかりますよね。

大変だけれど、汗を流した以上に、効果はありますので、これから!という方は、参考にしてください。ご相談も承ります。

一覧に戻る

Page Top