設計,改修設計,マンション大規模修繕工事,リフォーム・リノベーションの有限会社ノマド

リフォーム・リノベーション

時代を感じさせる柱や梁を現代建築に取り込み、再生させるためのご提案を行います。

リフォームの手順


手順流れリフォームポイント準備する書類
手順1

内容検討

  • なぜリフォームしたいのか、どんなリフォームにしたいのか、まずは、目的を明確にしましょう。
  • ご家族と相談しましょう。家族の生活を踏まえて、時期も検討しましょう(ゆとりをもって)。
  • 建築士に相談しましょう。
  • 建物図面
  • 建築確認申請書類
手順2

予算検討

  • 全体の予算、総額を考えておきましょう。
  • 助成制度を有効に活用しましょう。事前に要件に合うかを担当部署に確認しましょう。
  • ゆとりをもって計画しましょう。
手順3

プランニング検討

  • 動線を考え、設備や家具を設置できるようにプランニングしましょう。
  • 柱や壁を撤去するようなプランは、安全性の確認が必要です。
  • 平面図など設計図
手順4

事業者選定

  • リフォーム事業者を決めましょう。
    詳しくは下の事業者選定方法を参考にしてください。
手順5

契約締結

  • 契約書の内容を確認しましょう。
  • 添付書類を確認しましょう。
  • 図面を元に仕様、選定した機器が明記されているか(合っているか)確認しましょう。
  • 契約書
手順6

工事着手

  • 助成金の申請は契約前(着工前)に申請が必要な場合が多いので、必ず担当部署に相談しましょう。
  • マンションの場合は事前に管理組合への申請が必要な場合があります。
手順7

工事中

  • 工事が契約どおりに進んでいるのかを現場で確認しましょう。変更したいことがある場合には、現場の大工さんに直接言わず、必ず事業者(請負業者)と協議しましょう。
  • 第三者(設計者)に現場を監理してもらう方法もあります。
  • 事業者から追加や変更の提案があった場合は、事前に説明を受け、費用面も含め納得してから承認しましょう。
手順8

工事完了

  • 現場を事業者(請負業者)と確認をしましょう。
  • 引き渡しの書類を確認しましょう。
  • 工事保証内容、期間を確認しましょう。
  • メンテナンスについて説明を受けましょう。
  • 引き渡し書類
  • 工事記録
  • 保証書
  • 取扱い説明書


リフォーム事業者の選定方法について


満足のできるリフォームにするため、また、トラブルを回避するために、事業者の選定が重要です。選定のポイントをご紹介します。

事業者との信頼関係を築くためも、分からないことは、恥ずかしがらずに聞いて確認しましょう。事業者はプロですので、専門家ではない発注者(あなた)が、分からないこと、疑問に思うことについて質問するのは当然のことです。逆に不親切であったり、分かりやすく説明してくれない事業者は要注意です。信頼関係を築くために、コミュニケーションをとりましょう!

① リフォームの目的にあった事業者を選定する。

事業者には得意分野がありますので、事業者が苦手な仕事を受けて、下請け業者に丸投げしてしまうことのないように十分打合せを行いましょう!
建設業法で一括下請けは禁止されています。

② 経験豊富な事業者を選定する。

目的にあったリフォームの実績が多い事業者を選びましょう。
また、リフォーム事業者から工事実績を提出してもらい、チェックしましょう。

③ 建築士など有資格者がいるリフォーム事業者を選定する。

リフォームの内容によっては、建物の構造や関連する法基準のチェックが必要なことがあるため、構造や法の知見をもつ建築士のいる業者に依頼することが重要です。

  • 設計者と工事業者が同じであっても、別途、設計契約が必要な場合があります。(延床面積300㎡以上の場合)
  • 資格は免許証を提示してもらい確認しましょう。
  • 公的ではない資格はホームページなども使い、内容を確認しましょう。

④ アフターサービスが充実したリフォーム事業者を選定する。

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会、一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会などに登録している事業者を選定する方法もあります。

また、工事後のアフターサービスを考えて、自宅からあまり遠くない事業者を選ぶことと、地域の方の評判も、大きな判断材料となります。



賢い見積書の見方


見積書は複数事業者から取るようにしましょう。見積を比較検討するためのポイントをご紹介します。

工務店やホームセンター、家電量販店などのほか、リフォームコンタクトやリフォーム評価ナビなどの事業者検索サイトなどでも見積書を取ることができます。

① 見積を比較検討するために、仕様、内容をそろえておく。

機器や仕様の選定が異なると、判断できません。最低限求める仕様・性能と付加される仕様・性能を明確にしてもらいましょう。同じ条件で、見積書の比較をすることが基本です。

見積を複数取るのに、どこに頼んだら良いのか分からない時は相談窓口に相談しましょう。

② 見積書の内容を第三者専門家にチェックしてもらう。

見積書は専門用語も多く、また、項目が抜けていることや、見積書を見ただけでは読み取れない内容もあるため、第三者の専門家にアドバイスを受けることをおすすめします。



Page Top